2010年11月07日

にんにくと疲労回復

にんにくは疲労回復に効果がある、というのは、多くの人が知っていることです。

にんにくを使ったレシピはスタミナ料理と呼ばれることもあるほど、疲れた体を元気にしてくれます。

それを体が知っているのか、疲れた時になぜだかにんにくが食べたくなる、という人もいます。

私もにんにくは常備するようにしています。


にんにくの疲労回復効果の秘密は、ビタミンB1。

ビタミンB1を初めとするビタミンB群はエネルギー代謝に必要な栄養素です。

ビタミンB群が不足するとエネルギーの代謝がうまくいかなくなり、結果、エネルギー不足に。

体を動かすエネルギーが足りなくなるから、体が疲れてしまうんですね。


特にビタミンB1はエネルギー代謝に重要とされています。

にんにくにはビタミンB1が含まれていますが、ビタミンB1は単体では吸収されにくく、

本来の力を発揮するには「アリシン」が必要なのです。


にんにくのすごいところは、刻んだりおろしたりすると、このアリシンがたくさん出てくるところ。

にんにくはビタミンB1とアリシンを同時に摂れる、疲労回復の優等生なんです。


にんにくだけを食べるよりも、

ビタミンB1豊富な食材と組み合わせて取り入れたほうが疲労回復効果は大きくなります。

特に、豚肉とにんにくの組み合わせは栄養面でも、味の面でも最強のコンビです。

中華風の炒め物にしたり、厚切り肉におろしにんにくを塗ってから揚げたとんかつとか、

アイデア次第で疲労回復レシピは無限大。

火を通せばにんにくの刺激は抑えられますから、胃腸が弱い人でも大丈夫ですよ。

にんにく希少成分オキソアミヂン末を国内最高基準で配合した壮健寿!



にんにく注射


にんにく注射
posted by 赤鬼 at 08:35| Comment(0) | 疲労回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

疲労回復のこと

疲労はイヤなものですが、私たちの体に必要なものでもあります。

スポーツの後、肉体あるいは頭脳労働の後とか程度の差はありますが、

誰しも感じることですよね。

疲労とは、体の異変を伝えるシグナルのようなもの。


疲れているからそろそろ休まなくちゃいけませんよ、という合図なのです。


疲労を感じたらできるだけ早く回復するのが毎日の健やかな暮らしにつながります。



疲労を回復するには、肉体疲労なら肉体を休ませることが必要ですし、

精神疲労なら精神を休ませなければ意味がありません。


一口に疲労回復といっても、疲労回復の方法はいろいろあります。

肉体が疲れている場合は、栄養と睡眠を取るのが一番。

栄養をとはいえ、ただお腹一杯食べれば疲労が回復するというものではありません。

バランスを考えてまんべんなく体に必要な栄養素を摂らなければ、

疲労回復の効果はあまりのぞめないのです。


また、食べすぎも疲労回復の敵。(-。−;)

胃腸だって働いているのですから、がんばれば疲れます。

食べすぎは胃腸に疲労を溜めるもとになるのです。


特に寝る前の暴飲暴食は、本来なら寝ている間に疲労回復のために回されるエネルギーが消化に使われてしまいます。

よく食べてよく寝ているのに疲労が回復しない、という人はこのパターンに当てはまっているのかもしれません。

栄養のバランスよく腹八分目が、疲労回復のポイントです。

昔の人は、この辺を見極めていたようですね。


精神が疲れているのなら、オフタイムのリラックスを心がけましょう。

誰にだってアロマなり、マッサージなり、自分なりのリラックス方法を持っていると思います。

オンとオフの切り替えをスパッとすることが、精神疲労の回復につながります。

にんにく希少成分オキソアミヂン末を国内最高基準で配合した壮健寿!



にんにく注射
ラベル:疲労回復
posted by 赤鬼 at 11:29| Comment(0) | 疲労回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。